GoogleはついにChromeでの迷惑な問題を修正しました

最近のミスクリックは非常に一般的であるため、Google Chromeブラウザでページの読み込みが開始されるたびに、ページのシフトにより意図せずにリンクをタップすることになります。




シフトは通常、画像や広告グラフィックなど、ページへのアクセスを取得した後にページがコンテンツをロードするために発生します。



Googleのエンジニアは、ユーザーと同じようにこの事実に苛立っているようで、最終的にページジャンプの問題を修正しました。



また読む:ChromeタブでRAMを食べてブラウザを高速化する方法

Googleは今 導入された ページの読み込みがユーザーの閲覧や閲覧に影響しないようにする「スクロールロックアンカー」-ページのジャンプを防ぎ、デバイス上のコンテンツをロックします。

「最新のChromeアップデートでは、スクロールアンカーと呼ばれるものが導入されました。これにより、現在見ているコンテンツが画面にロックされ、同じ場所に留まるので読みやすくなります」と同社は述べています。

エリオット・ブラウン| Flickr

そのため、ページを開くたびに、誤ってリンクをクリックしたり、ページの現在位置まで上下にスクロールしなければならない心配はありません。

それ自体、記事を開き、2番目の段落にスクロールするとすぐに、画面が何らかの形でページの上部にジャンプします。

「スクロールアンカーは、私たちのお気に入りの機能の1つです。誰も気付かないときに輝く機能です。今日、ページビューあたり平均3回のジャンプを防止しています」と同社は付け加えました。

つまり、更新プログラムでは問題が完全に解決されるわけではありませんが、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

また読む:Google Chromeキーボードショートカットのトップ21

Google Chromeブラウザーの新しい更新は、ユーザーを長時間クラウド化していた迷惑な問題をなくし、インターネット上でのよりスムーズなエクスペリエンスを保証するため、同社にとって大歓迎です。

Googleは、サービスを人々がよりアクセスしやすいようにしようとしており、最近、インドでGoogle PlayストリーミングサービスとYouTube Goアプリを開始しました。