iPadOSキーボードが機能しない問題を修正する方法

Apple iPadのオンスクリーンキーボードは、iPadOSのリリースで大幅に見直されました。これで、キーボードを画面上に浮かせて、画面上のスペースを解放できます。 ただし、スワイプ入力もサポートしています。言い換えれば、iPadOSキーボードが期待どおりにスムーズに機能しなくなるまで使用するのは大変なことです。







iPadOSのオンスクリーンキーボードにはいくつかの問題があります。たとえば、入力を開始するときに表示されない場合があります。凍結または遅れる可能性があります。または、スワイプ入力が機能しない場合があります。

それがおなじみの場合は、ここでパッチを適用するのに役立ついくつかのトラブルシューティングのヒントを紹介します。さあ始めましょう。







キーボードのラグまたはフリーズ

iPadOSキーボードを立ち上げた後にフリーズしますか?入力中にパフォーマンスの問題が発生していますか?または、フルサイズのキーボードとフローティングキーボードを頻繁に切り替えますか?その場合、iPadがiPadOSの最新バージョンを実行していることを確認する必要があります。

iPadOSの初期のイテレーションにはバグがたくさんありました。そのため、しばらくの間iPadOSの更新を避けてきた場合は、すぐにインストールするのが賢明です。




iPadで設定アプリを開くことから始めます。 [全般]、[ソフトウェアの更新]の順にタップします。更新がリストされている場合は、[ダウンロードしてインストール]をタップします。

さらに、あなたも考慮する必要があります インストール済みアプリのライブラリを更新する 最新バージョンに。これは、スクリーンキーボードを操作する際のパフォーマンス関連の問題をさらに解決する可能性があります。




それを行う最速の方法は App Storeアイコンを長押し ホーム画面で。表示されるメニューで、更新をタップします。

ガイド技術についても



iOS 13およびiPadOSのトップ13のクールなファイルアプリ機能
続きを読む




キーボードが表示されない

iPadのオンスクリーンキーボードは、必要なときに表示されませんか?この問題は、iPadOS内のランダムなグリッチが原因で発生します。そして、iPadを再起動することを含む、修正に取り組む最も強力な方法の1つです。はい、それはとても簡単です。再起動すると、メモリ内の不良なもの(キャッシュ)がフラッシュされ、iPadOSがクリーンな状態になります。

iPadを再起動するには、電源ボタンを数秒間押し続けます。プロンプトが表示されたら、スライドして電源を切るジェスチャを実行します。




注意: Face ID機能を搭載したiPadでは、代わりに[電源]ボタンと[音量を上げる]または[音量を下げる]ボタンの両方を押し続けます。

iPadが完全にシャットダウンしたら、電源ボタンをもう一度押し続けて起動します。今すぐスクリーンキーボードを起動してみてください。おそらく表示されるはずです。

ただし、後でこの問題が発生する可能性があります。その場合は、iPadを再起動して解決する必要があります。 iPadOSを最新の状態に保つことも忘れないでください。アップデートにより、この問題が永久に修正される可能性があります。

キーボードが表示されない別の理由として、外部キーボードもあります。もし、あんたが iPadで外部キーボードを使用する、スクリーンキーボードを再度アクティブにするには、接続を切断する必要があります。




Bluetoothを無効にすることから始めます。コントロールセンターを起動し(画面の右上隅から下にスワイプ)、Bluetoothアイコンをタップしてオフにします。外部キーボードが理由である場合、オンスクリーンキーボードがすぐにポップアップします。

また、設定アプリを使用して、Bluetoothを再度有効にするたびに外部キーボードに自動的に再接続しないようにすることもできます。これを行うには、設定アプリを開き、[Bluetooth]をタップします。次に、外部キーボードの横にある小さな「i」の形のアイコンをタップし、[切断]をタップします。

ガイド技術についても
#iPadOS
こちらをクリックしてiPadOSの記事ページをご覧ください



スワイプ入力が機能しない

iPadのオンスクリーンキーボードの最も優れた拡張機能の1つは、QuickPath機能を含めることです。つまり、スワイプタイピング。しかし、キャッチがあります。この機能は、フローティングキーボードを使用する場合にのみ機能します。

慣れていない場合は、ここに切り替える方法があります。フルサイズのキーボードでピンチインジェスチャを実行するだけで、フローティングキーボードが飛び出します。




次に、指でスワイプして単語を簡単に入力できます。フルサイズのキーボードに戻す場合は、ピンチアウトジェスチャを実行してください。

フローティングキーボードに切り替えてもスワイプタイピングが機能しない場合は、iPadでこの機能が有効になっているかどうかを確認する必要があります。デフォルトではありますが、しばらく前にオフにして忘れてしまった可能性が常にあります。




これを行うには、設定アプリで[全般]をタップし、[キーボード]をタップして、[スワイプ入力を有効にする]の横のスイッチがオンになっていることを確認します。そうでない場合は、オンにします。

ガイド技術についても



iPadOSでマルチタスクを実行しながらアプリを切り替える7つの方法
続きを読む




仕事に戻る

iPadOSのオンスクリーンキーボードは、本当におもしろい機能です。うまくいけば、上記のトラブルシューティングのヒントが機能し、問題なく使用できるようになります。しかし、他にもあるという事実を忘れないでください iPad用の最高級のサードパーティ製キーボード それはさらに良い機能を提供するかもしれません。

次は: iPadOSを実行しているiPadでバッテリーの消耗の問題に直面していますか? iPadでこれらの修正を試してください。