QCMAを使用して特定のPS Vitaファームウェアに手動で(およびオフラインで)更新する方法

カスタムエミュレーターを実行するためにPS Vitaがハッキングされている場合(ハッキングする方法を説明します このエントリで そして これにエミュレータをインストールする方法)、Vitaのファームウェアを最新のものに更新できないことがわかります。そうした場合、更新プログラムはハッキングを破壊し、すべてのエミュレーターや他の自作アプリはなくなります。




ヒント: これらの用語のいくつかに不慣れで、このすべての意味を知りたい場合は、投稿を参照してください。 PS Vitaのハッキングについて知っておくべきすべて:VHBL、TN-V、エクスプロイト、エミュレーターの説明



ただし、PS Vitaを最新ではない最新のファームウェアに更新することに興味があるかもしれません。これは通常、そのファームウェアでのみサポートされる機能またはゲームが必要になるために行われます。たとえば、Vitaが公式ファームウェア3.18上にあり、バージョン3.36に更新したいとします(この記事の執筆時点では完全なハッキングもサポートしています)。



ただし、自動的に更新する場合、Vitaはファームウェアバージョン3.50(最新の最新バージョン)以降に直接更新されます。

PS Vitaを使いすぎずに、必要なファームウェアのみに更新するにはどうすればよいですか?

さて、私はあなたがプロセスを案内するのを読んでください。そしてそれだけでなく、あなたは じゃない 更新時にはインターネットに接続する必要があります。これは、自分のコンピューターにファイルがあるためです。





準備をする

始める前に必要なものはいくつかあります。

  • qCMA –インターネット接続を必要とせずにコンピューターとPS Vitaの間でデータを転送するために使用されるアプリ(両方で利用可能 Mac そして ウィンドウズ)。
  • XMLファイルを作成および編集できるアプリケーション。私はDreamweaverを使用していますが、ほとんどのシンプルなメモ帳アプリで十分です。
  • インストールするPS Vitaファームウェア(アップグレードするもの)をダウンロードします このウェブサイト (私の場合、3.36に更新したいので、それをダウンロードします)。

重要な注意点: また、このチュートリアルではqCMAを使用しているため、Mac(使用しているもの)とWindows PCの両方で問題なく動作するはずです。

準備はいい?始めましょう。





Vitaの更新フォルダーを見つける

ステップ1: コンピューターでqCMAを開くことから始めます。完了したら、アプリの 設定、2つのタブがあります。 フォルダ そして その他

その他 タブ、あなたが持っていることを確認してください オフラインモード チェックして CMAプロトコルバージョン ターゲットファームウェアのバージョンを表示します。

次に、 フォルダ タブ、下 アップデート/ Webコンテンツ セクションには、PS Vitaの更新に使用する必要があるフォルダーのパスがあります。コンピューター上のフォルダーを見つけて、手元に置いておきます。





ファームウェアファイルの準備をする

ステップ2: 次に、以前にダウンロードしたPS Vitaターゲットファームウェアのファイルに移動します。解凍すると、さらに3つのzipファイルが取得されます。

これらから、必要なのはファームウェア自体だけです。これは、最も大きなファイルです。この例では、「PSVita OFW 3.36」というzipファイルです。他の2つは使用しないので、削除または保存できます。

次に、Vitaファームウェアファイルを解凍します。結果のファイルは「PSP2UPDAT.PUP」になります。

ステップ3: 次に、このファイルを取得して、 PSVアップデート 前に見つけたフォルダー。完了したら、そのままにしておきます。しばらくして、このフォルダにもう一度戻ります。





XMLファイルを作成する

PS VitaをUSB経由でオフラインモードで更新するため、qCMAに「伝える」必要があります。 PSVアップデート フォルダをウェブ上で探す代わりに。そのためには、XMLファイルを作成する必要があります。

ステップ4: ありがたいことに、qCMAの開発者は必要なコードを以下にリストしているため、この作業の大部分は完了しています。 このウェブサイト。そこに向かって すべてのコードをコピーします コードウィンドウ内。

また、ウィンドウ上部のファイル名に注意してください ‘psp2-updatelist.xml’(括弧なし)。 XMLファイルを作成すると、それがXMLファイルの名前になります。

ステップ5: 次に、メモ帳、テキストエディター、またはXMLファイルの作成に使用する予定のアプリを開きます。ファイルに上記の名前を付け、前にコピーしたコードを貼り付けます。

ステップ6: できた?すごい。次に、コードの一番下に進みます。 リージョンid =” us” (以下に示す強調表示されたテキスト)。そこで、更新するターゲットファームウェアを反映するように、そのコードのすべての番号を編集します。以下のスクリーンショットをよく見てください。ほとんどのゼロを「3.36」に更新した方法を確認します。これは、更新したいファームウェアです。

重要な注意点: 別の地域(たとえば、ヨーロッパや日本など)にアカウントを持つPS Vitaがある場合は、地域に関連するセクションのみを編集してください。

ステップ7: 完了したら、XMLファイルを保存して、 PSVアップデート 前述のフォルダー。これで、そのフォルダーには2つのファイルが必要になります(以下を参照)。

準備はいい?コンピューターの最後のステップは、qCMAを起動して、 データベースを更新 追加したファイルでデータベースが更新されていることを確認するオプション。

次に、PS Vitaに向かいます。





PS Vitaで

ステップ8: まず、PSボタンを押したままにして、クイック設定を表示します。そこで、Wi-Fiを無効にします そして フライトモードを有効にします。 Vitaを誤って最新のファームウェアに更新したくない場合。次に、念のため、Vitaをオフにしてから再びオンにします。

ステップ9: PS Vitaをコンピューターに接続し、 設定 アプリと選択 システムアップデート

次に、選択 PCに接続して更新する

しばらくすると、新しいファームウェアバージョンが利用可能であることを知らせるメッセージが表示されます。選ぶ その後、通常どおりアップデートを続行します。

おめでとうございます!これで、PS Vitaが必要なファームウェアになりました。

重要な注意点: このプロセスの後、忘れずにファイルを削除してください PSVアップデート フォルダ。そうでなければ、あなたはすることができないかもしれません 将来、qCMAを介して接続してファイルを転送する

以上です。新しく更新されたPS Vitaをお楽しみください!