Titanium Backupを使用してAndroidでバックアップをスケジュールする方法

これは、ルート化されたAndroidフォン向けのTitanium Backupに関する一連の記事の3番目の投稿です。以下にリストを示します。すでに公開されているものはリンクされており、チェックアウトできます。




を使用して、すべてのユーザー+システムアプリとアプリデータをバックアップする方法を既に確認しました。 チタンバックアップ。現在、バックアップに関することは、時々更新されることです。何らかの理由で携帯電話をフラッシュする必要があり、バックアップが数週間前に取得されたことに気付いたとします。これは、バックアップがまったくないことと同じであり、このような状況になりたくないことは確かです。

バッチモードを使用して古いバックアップを手動で書き直す方法は確認しましたが、今日は、Titanium Backup Schedulerを使用してプロセスを自動化する方法を確認します。







バックアップのスケジュール

ステップ1: Titanium Backupを実行し、システム設定を初期化して読み取ります。アプリが初期化されたら、 スケジュールタブ 上部の[概要]ボタンと[バックアップ/復元]ボタンの横にあります。

ステップ2: スケジューラを初めて実行すると、2つのデフォルトタスクがすでに設定されています。一つは 変更されたデータのバックアップをやり直す そしてもう一つは 新しいユーザー+システムアプリと新しいバージョンのバックアップ。また、それらが実行されるようにスケジュールされている日付と時刻を確認することもできます。私に尋ねると、両方とも非常に重要です。

ステップ3: 確認する 有効なオプション それらを有効にします。これらの日付と時刻を編集する必要がある場合 スケジュールされたタスクをタップできます 編集ボタン タスクを編集します。ここで、タスクの日付と時刻を変更し、タスクが完了した後に電話が行うことを選択できます。

ステップ4: 個人用タスクを追加するには、ボタンをタップします 新しいスケジュールを追加。スケジュールされたタスクが自動的に作成されます。アクションを変更するには、編集ボタンをタップする必要があります。ここにはユーザー向けのオプションがたくさんあります。

これが、Titanium Backupでタスクをスケジュールし、それ以降のバックアップを簡単に実行できる方法でした。デバイスで使用しているタスクキラーからTitanium Backupを必ず除外してください。





結論

バックアップのスケジュールは、いつでも携帯電話のすべてのアプリの最新のバックアップを確実に取得するための優れた方法です。ここで不足している唯一のことは、通話ログとメッセージのスケジュールバックアップを作成する方法がなく、それらを手動で処理する必要があることです。