Thunderbird、Outlook、Chrome、Firefoxでメールテキストを翻訳する方法




自分とは異なる言語で話す友人や仕事仲間がいる場合、話し言葉だけでなく、書かれたテキストや入力されたテキストも理解できない可能性があります。回避できる方法の1つは、これを開くことです グーグル翻訳 メールの内容をフォームに貼り付けて、すぐに翻訳できるようにします。これは非常にうまく機能しますが、コピー/貼り付けの手順は不要であり、貴重な時間を費やすだけです。

どのメールクライアントを使用しても、テキストの翻訳は簡単です。これを簡単に行う方法をいくつか見ていきます人気のデスクトップメールクライアント ブラウザ(Outlook、Thunderbird、Chrome、Firefox)でも同様です。これらのクライアントがメールウィンドウ内から簡単にテキストを翻訳するために利用できるツールがあります。メッセージを残す必要さえありません。







サンダーバード

もし、あんたが Thunderbirdを使用する メールクライアントとして、 クイック翻訳 テキストを簡単に翻訳する素敵なアドオンです。邪魔にならず、必要になるまで邪魔になりません。クイック翻訳をダウンロード このリンクから。

Thunderbirdを起動して、 ツール>アドオン。右側で、設定アイコンをクリックして選択します ファイルからアドオンをインストールする。ダウンロードしたファイルを参照してインストールします。

翻訳者であるThunderbirdウィンドウの右下に新しいアイコンが配置されます。母国語ではないメールが届いたら、読めないテキストを強調表示し、小さな翻訳アイコンを押します。テキストは新しいバブルウィンドウに表示され、必要に応じてそこからコピーできます。

クールなヒント: ThunderbirdでIMAP受信トレイにオフラインでアクセスする方法を学ぶ このガイド





見通し

たぶん、Thunderbirdはメールクライアントに適していません。幸運なことに、 Outlook 2013 組み込みの翻訳者がいます。

翻訳するテキストを強調表示し、右クリックして表示します 翻訳する オプション。

翻訳者のサイドバーが開き、そこでソース言語と目的言語を選択します。これらのドロップダウンフィールドの下に翻訳されたテキストが表示されます。





Firefox

ローカルメールクライアントを使用せず、代わりにFirefoxでメールを開く場合、Microsoft、Gmail、Yahoo、その他のアカウントなどのメールサービスのテキストを含む、読み取り可能なテキスト用の翻訳者が利用できます。これから見るものは、Thunderbirdで使用されているものと同じです:Quick Translator。

このアドオンをダウンロード ここに。

ブラウザーから電子メールを使用するということは、そのようなアドオンのほとんどが普遍的であり、ブラウザーで使用できるすべての電子メールサービスで機能することを意味します。以下の例ではOutlookを使用しているため、テキストを強調表示してからホバーリングをクリックします クリックして翻訳 ボタン。

クールなヒント: これを見て 4つのFirefoxアドオン 長いウェブサイトリンクを短縮するために使用できます。

Thunderbirdと同様に、画面の右下には翻訳されたテキストがすぐに表示されます。





クロム

を見てみましょう Chrome拡張機能 メールの翻訳に使用できますが、Gmailを使用している場合は、メール内の追加メニューオプションからメッセージを簡単に翻訳できます。

上記の例はもともとアイルランド語で書かれていました。追加のオプションを選択してから選択することにより メッセージを翻訳、Gmailは元の言語を自動的に検出し、読みやすい形式を提供します。メッセージの上のドロップダウンから目的言語を簡単に変更するか、 元のメッセージを表示 リンク。

拡張機能をダウンロードする インスタント翻訳ここで見つけた、Gmailの外部(Yahoo、Outlookなど)でChromeブラウザ内のテキストを翻訳します。

インストールしたら、ハイライトテキストを右クリックして選択します 英語に翻訳する、テキストを英語に翻訳します。

次のように、翻訳されたテキストを含む新しいウィンドウが画面の上部に表示されます。





結論

理解できない言語でメールを受け取るのは毎日ではありません。しかし、そのような場合、翻訳ツールを手元に置いておくことで時間を節約できます。メールクライアントにインストールしたままにする(組み込みではない)か、必要に応じてすぐに翻訳を実行できるようにブラウザにアドオンを追加する方が良いでしょう。