iOS 10でホームボタンを押さずにiPhoneのロックを解除する方法

iOS 10は、Touch IDユーザーのロック解除プロセスをこれまでにないほどわずかに変更し、多くの人が古い方法を好んでいます。これまで、Touch IDでiPhoneまたはiPadのロックを解除するには、ホームボタンに指を置くだけで十分でした。 iOS 10では、最初に[ホーム]ボタンを実際に押す必要があります。







ホーム画面を1回押すのではなく、ワンタッチで離す|写真: charnsitr / Shutterstock

Appleは、これがあなたに ロック画面の通知を見る Touch IDが非常に高速になったためです。ただし、それが優先事項ではなく、できるだけ早くホーム画面に移動したい場合は、ベータ版の新しい設定のおかげでホームボタンを無効にできます。





Touch IDに指を置いてデバイスのロックを解除する

時々、新しいだけでは良くない。したがって、Touch IDを介してiPhoneまたはiPadのロックを解除するiOS 10以前の方法を復元するには、 設定



そこから、スクロールしてタップします 全般




次のタップ アクセシビリティ




少しスクロールして、 ホームボタン 設定。このパネルには少し埋まっていますが、Reachabilityスイッチのすぐ上にあります。




[ホーム]ボタンの設定の下部で、 指を開いて休める。これをオンにします。以降、ホームボタンに指を置くだけでデバイスのロックを解除できます(Touch IDを搭載したデバイスのみ)。




気が変わったら、いつでもここに戻ってこの設定をオフにすることができます。その場合、iOS 10のデフォルトであるホームボタンを押してロックを解除する必要があります。

準備完了。 [ホーム]ボタンに関連する他のオプションに関する情報を読み続けます。





AssistiveTouchおよびその他のオプション

そのホームボタンの設定では、必要に応じてクリック速度を調整することもできます。これは、デバイスのロック解除にかかる時間ではなく、他のアクションのダブルまたはトリプルクリックに対するボタンの感度です。ダブルクリックするとマルチタスクビューが開き、トリプルクリックするとアクセシビリティオプションが表示されます。

速くすることはできませんが、選択することはできます スロー または 最も遅い これらの機能をトリガーするのに十分な速さで[ホーム]ボタンをクリックしていないことがわかった場合。

iOSには、実際には、ホームボタンをまったく押さないようにするアクセシビリティ機能があります。 それはAssistiveTouchと呼ばれ、素晴らしいです [ホーム]ボタンを押すのが難しい場合、または単に壊れている場合。







これを有効にするには、アクセシビリティ設定に戻ってタップします AssitiveTouch。上部でオンにします。画面の隅に向かって暗いアイコンが表示されます。これは、新しいAssistiveTouchコントロールメニューです。







タップして、通知センター、コントロールセンター、Siri、デバイス、ホーム、カスタムへのクイックリンクを表示します。タップ ホーム ホームボタンを押したように動作し、ホーム画面に移動します。一方、デバイスのオプションには、音量、ミュート、回転、ジェスチャーなどが含まれます。

ヒント: また、設定のこの最上位メニューを最大8個のアイコンにカスタマイズできます。これらのアイコンは、ショートカットとして選択する最上位または下位レベルのオプションです。

また読む:iOS 10で3D Touchを使用する6つの新しい方法