Google EarthでFlight Simulatorを使用する方法

Google Earthにはあまり知られていませんが、素晴らしいフライトシミュレーター機能があり、これを使用して飛行機を操縦し、飛行機の操縦に伴う難易度と技術的側面を仮想的に体験できます。




フライトシミュレータを操作するための基本的な手順は次のとおりです。

明らかに、最新バージョンが必要です。 グーグルアース そもそもコンピューターにインストールされています。



1. [ツール]-> [Flight Simulatorの入力]を選択して開始します。キーボードショートカット(Ctrl + Alt + A)を使用することもできます。

2. Flight Simulatorウィンドウが開きます。航空機(F16またはSR22)を選択します。最初のフライトでは、他のフライトと比較して速度が遅いため、SR22を選択します。

Googleは、世界の素晴らしい空港をリストに追加しています。ドロップダウンから空港を選択し、「フライトを開始」ボタンをクリックします。

ジョイスティックを使用して航空機を操縦することもできます(使用可能な場合は、以下のオプションを確認してください)。

3.どうぞ。キーボードのキーを使ってフライトを離陸できます。マウスの左ボタンをクリックして、マウスコントロールをアクティブにすることもできます。

4.画面に乱数が表示されていることがわかります。これらは、パイロットが飛行機を操縦しているときに知る必要がある基本的な用語です。

使用される用語は、エルロン、高度(海抜フィート)、バンク角、エレベーター、出口フライトシミュレーター機能、フラップおよびギアインジケーター、ヘディング、ピッチ角(度)、ラダー、速度(ノット)、スロットル、垂直速度(フィート)毎分)。

初心者ユーザーの場合、操作を習得するのに時間がかかる場合があります(フライトを何度かcrash落しました)。簡単なヒントを次に示します。

キーボードの「Page Up」ボタンを押して推力を増やします。しばらくして、航空機が加速したら、下矢印キーを使用してフライトを離陸します。特定の高さになったら、ボタンを放します。これで、対応する矢印キーを使用して飛行機を左右に回転させることができます。

キーは非常に敏感であることに注意してください、それはキーをゆっくり使用することを意味します、さもなければあなたの飛行機はcrash落します。飛行機を適切なレベルで飛行させた後、さまざまなキーボードコントロールを使用できます。

以下は、フライトシミュレータのキーボードコントロールです。 公式サイト

全体として、このツールはおもしろいツールであり、Google Earthをインストールしている場合はぜひ試してください。