Google Keepでネストされたリストを使用する方法:詳細ガイド

リストについて話すとき、それらはサブアイテムを追加する能力なしでは不完全です。優れたリストアプリでは、常にネストされたリストを作成できます。 2018年6月まで、Google Keepにはサブリスト機能がありませんでしたが、ありがたいことに変更されました。




リストについて説明すると、Keepは2種類のリストをサポートしています。箇条書きリストとTo Doリストです。当然のことながら、クレジットを与えましょう。 Google Keepはメモを取るアプリですが、両方の種類のリストのアイテムをインデントできます。

それを行う方法を知りましょう。







箇条書きリストを作成する

チェックボックスなしでリストを作成する場合は、箇条書きリストを使用できます。このリストの項目には、自動的に箇条書きの接頭辞が付きます。 Google Keepは、ダッシュ(-)、アスタリスク、星印(*)、ドットの3つの箇条書き形式をサポートしています。



箇条書きリストを作成するには、Google Keepでメモを開き、ダッシュ/ハイフン(-)またはスター(*)の後にスペースを入力します。次に、最初のリスト項目を入力します。

注意: ハイフンまたはアスタリスクの後にスペースを追加することは必須の手順です。見逃した場合、リストは作成されません。

新しいアイテムを追加するには、Enterキーを押すと、Keepが自動的に箇条書きを追加することがわかります。ダッシュ(-)を入力した場合、すべての箇条書きの前にダッシュ(–)が付き、同様に、アスタリスク/星(*)を使用した場合、すべての箇条書きの前にドット(。)が付きます。基本的に、星(*)の後にスペースを押すと、ドットに変わります。スター形式を使用する場合は、Backspaceキーを1回押します。





ネストされた箇条書き

モバイルアプリまたはWebサイトの箇条書きリストの下にサブポイントを作成するには、次の手順を実行します。

ステップ1: メモを開き、最初に上記の箇条書きリストを作成します。

ステップ2: サブリストを作成するポイントでBackspaceキーを押して、自動的に作成された箇条書きを削除します。

ステップ3: スペースバーを使用して、スペースを追加してサブリストの位置をインデントします。必要な数のスペースを追加できます。必要な位置に移動したら、上記の方法を使用してリストを作成します。つまり、ダッシュ(–)またはスター(*)に続けてスペースと最初のリスト項目を入力します。次に、Enterキーを押して2番目のサブアイテムを作成します。

同様に、サブリストの下に別のリストを作成できます。必要なことは、スペースを追加してリストを作成することだけです。

ストップリスト

リスト項目でEnterキーを押すと、新しい項目が作成されます。新しいアイテムの作成を停止するには、自動作成された箇条書きのBackspaceキーを押します。

または、空の箇条書きでEnterキーを押すと、リストが壊れます。

ガイド技術についても
#ノート
ノート記事ページを見るにはここをクリックしてください



To Doリストを作成する

明らかなように、To Doリストは チェックボックス付きのリスト。チェックボックスをタップして、タスクまたはアイテムを完了できます。

To Doリストを最初から作成するには、[メモを取る]パネルの[新しいリスト]アイコンをクリックします。次に、アイテムを1つずつ入力します。

既存のメモをTo Doリストに変換する場合は、モバイルアプリでメモを開き、左下隅のプラスアイコンをタップします。次に、チェックボックスを選択します。

Webサイトで、メモの下にある3つのドットのメニューをクリックし、[チェックボックスを表示]を選択します。





ネストされたTo Doリスト

できるだけ多くの階層を作成できる箇条書きリストとは異なり、To Doリストでは1つの階層のみが可能です。つまり、アイテムは1ステップだけ右に移動できます。ネストされたリストを作成する方法は、Webサイトとモバイルアプリによって異なります。両方の手順を次に示します。

注意: メインアイテムまたはトップアイテムをチェックオフすると、サブアイテムも自動的にチェックオフされます。

モバイルアプリのネストリスト

Google Keepモバイルアプリでネストされたリストを作成するには、ジェスチャーを使用する必要があります。アプリで、チェックボックスを使用してメモを開きます。次に、指を使用して、To Do項目を右にスワイプして、そこからサブ項目を作成します。再びメインアイテムにするには、左にスワイプします。最初の項目を除き、すべてのリスト項目をインデントできます。

ウェブサイトのネストされたリスト

WebサイトでネストされたTo Doリストを作成するには、2つの方法があります。最初の方法は、単純なドラッグアンドドロップを含み、2番目の方法はキーボードショートカットを使用します。

最初の方法では、まず、予定リストを作成します。次に、リストアイテムの上にマウスを移動し、アイテムの前にある移動アイコンを使用して右にドラッグします。元の位置に戻すには、左にドラッグします。

キーボードショートカットを使用してリストアイテムをインデントするには、リストアイテム上にマウスポインターを置き、Ctrl +]を押して右に移動します。同様に、サブリストを削除するには、Ctrl + [を押します。これにより、アイテムが左に移動します。

ガイド技術についても
Microsoft To-Do対Google Keep:適切なTo Doアプリを見つける
続きを読む



それをリストしてください!

これが、Google Keepでネストされたリストを作成する方法です。さらに必要な場合は、次のような専用リストアプリに切り替えることができます。 Microsoft To-doAny.do、または名前で呼ばれるGoogle独自のアプリ Googleタスク