AppleIDからデバイスを表示および削除する方法

Apple IDにサインインしているデバイスを確認し、それらを削除する方法

妥協のないセキュリティ、プレミアム品質など、いくつかの理由があります。魅力的なデザインと、私がAppleデバイスを好む理由。 Mac、iPhone、iPad、Apple Watchのいずれであっても、それぞれが他の製品とは一線を画していますね。




複数のAppleデバイスの管理は非常に簡単です。私を含むほとんどの人は、デバイスを少し簡単に管理するために単一のAppleIDを使用しています。さらに、すべてのAppleデバイスを同じiCloudアカウントでサインインしたままにしておくことにはいくつかの便利な利点があります。たとえば、すべてのデバイス間でデータを自動的に同期したり、アプリを自動ダウンロードしたりできます。

売り切れた後、誰かに譲った後、または紛失した後は、AppleIDからデバイスを削除することが重要です。幸い、Appleを使用すると、Apple IDにサインインしているデバイスを簡単に確認できるだけでなく、削除することもできます。



AppleIDにサインインしているデバイスを確認します

ステップ1。まず、サインインする必要がありますAppleIDアカウントページ。

AppleIDとパスワードを入力してください

ステップ2。次に、[デバイス]までスクロールします。 (デバイスが表示されない場合は、[詳細の表示]をクリックして、セキュリティの質問に答えてください。)

AppleIDの[デバイス]の下にある[詳細の表示]をクリックします AppleIDでセキュリティの質問に答える

ステップ3。次に、デバイスモデル、シリアル番号、OSバージョンなどの情報を表示するには、任意のデバイス名をクリックする必要があります。この情報は、デバイスごとに異なる場合があります。

AppleIDを使用してiDeviceの詳細情報を表示する



AppleIDからiPhoneまたはiPadを削除する方法

デバイスを使用しなくなった場合は、リストから削除できます。

ステップ4。上記の最初の3つの手順に従います。 Appleデバイスの情報を表示しているときに、をクリックします。削除する。

AppleIDからiPhoneまたはiPadを削除します

ステップ5。表示されるメッセージを確認してください。もう一度クリックします削除する確認するために。

AppleIDからのiDeviceの削除を確認する

以下は覚えておくべきいくつかの事柄です

Apple IDで署名されている場合は、次回インターネットに接続したときにAppleデバイスがアカウントに再表示される可能性があります。

アカウントページからデバイスを削除するか、iCloud、iTunes、iMessage、FaceTime、Game Centerからサインアウトするか、デバイスを消去して([設定]→[一般]→[リセット]→[すべてのコンテンツと設定を消去])、完全に削除する必要があります。

iPhoneまたはiPadのすべてのコンテンツと設定を消去する

Apple IDに対して2段階認証を有効にしている場合、確認コードは表示されなくなります。同時に、2要素認証で再度ログインするまで、iCloudや「iPhoneを探す」などの他のAppleサービスにアクセスすることはできません。

それでおしまい!