MP3 Toolkitは、Windows PC向けのオールインワンMP3音楽ソフトウェアです。

あらゆる種類の音楽を聴くと、 オーディオエディター コンピューターにインストールする必要があります。たとえそれが世俗的な仕事のためであっても 着信音を作る。無料をご覧ください(ただし、未使用のペニーはすべて価値があります) MP3ツールキット。これは、調子を崩すことなく日常の音楽の仕事に取り組むのに役立つ小さな機能のバンドルです。




MP3ツールキット 10.5 MBのダウンロードです。フロントエンドには、ツールキットを構成する6つのツールが表示されます。そして、それがあなたにはっきりと伝えているように、MP3 Toolkitのツールは、変換、リッピング、編集、マージ、カット、 MP3ファイルを録音する。マウスをボタンの上に移動するだけで、プレビューと簡単な説明が表示されます。初心者でもすぐに実行できるオーディオエディタに必要なものを他に教えてください。



MP3フォーマットは別として、MP3 Toolkitは次のような一般的なオーディオおよびビデオフォーマットのほとんどをサポートします。 WMA、WMV、MP4、WAV、OGG、FLV、MOV、M4P、M4A さらに、次のような高品質のオーディオもサポートしています FLAC そして 。フォーマットのサポートと6つのツールは、携帯電話用のオーディオの変換、カスタム着信音の作成、タグ情報の修正、オーディオCDのリッピング、サウンドの録音、オーディオピースの完全なMP3ファイルへのマージに必要なほとんどすべてをカバーします。

6つのツールのそれぞれに飛び込むと、はっきりとした大きなアイコンと、すっきりした初心者でもすべてが理解しやすい整頓されたインターフェイスに感謝します。そうでなくても、クリックするだけでヘルプファイルが表示されます。はい、簡単な英語で書かれています。たとえば、メニューの最初のツールのインターフェイスは次のとおりです。 MP3コンバーター

MP3ツールキットの傘の下で各ツールについて連載することができますが、プログラムのホームページとソフトウェア自体により理解が容易になります。それで、私は自分自身をいくつかのハイライトに制限します。

MP3 Toolkitは、ファイルのバッチを処理できます。そのため、フォルダーをドラッグアンドドロップして、MP3 Toolkitで変換、タグ付け、編集、およびマージを実行できます。オーディオファイルの変換中に、ビットレートとオーディオチャネルを微調整できます。

着信音を作成するためにMP3ファイルをカットすることは、髪の毛を分割することで有名です。 MP3カッターは、下の画面が示すように非常にユーザーフレンドリーです。開始と終了を選択し、切り取り、MP3、WAV、WMAまたはAMR形式で保存します。

MP3 Recorderを使用すると、マイクの音声を直接MP3形式に録音できます。長さの制限はありません。サウンドカードからアナログストリームを録音することもできます。ダウンロードできないストリーミングポッドキャストに最適です。

最後に、MP3 Toolkit Taggingプログラムは、ファイル名とID3形式を使用してカスタムタグを付けることで、コレクションをきちんと整理するのに役立ちます。ただし、タグ情報は自動的にダウンロードされません。

MP3 Toolkitは、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、およびWindows 8で動作します。試してみてください。それがキーパーかどうかを教えてください、または他のシンプルなまたはより良い音楽エディターを好みますか。