MS Excel Name Manager:名前を作成、使用、管理する方法




MS Excelの式を適切に使用するには、さまざまなタイプの明確性が必要です。 セル参照。それらのいくつかについてはすでに説明しました。しかし、今日は、式の作成、使用、および理解を容易にする名前の概念について説明します。

名前を使用して、セル、セル範囲、テーブル、数式、定数などのMS Excelオブジェクトに名前を付けることができます。これらは、他のオブジェクトで参照できます。



例の助けを借りて理解を深めてみましょう。次のデータの単純な関心を計算する必要があります。セルB1、B2、およびB3に名前を付けました。したがって、SIの式を書くとき、セル参照ではなく名前を使用するだけです。







名前を作成する方法

1。 名前を作成するには多くの方法があります。最初の最も簡単な方法は、 名前 シートの左上、リボンとタスクバーのすぐ下にあるテキストボックス。セル、範囲、またはオブジェクトを選択したら、ボックスに名前を入力してヒットします 入る

注意: この方法で名前を作成すると、名前の範囲は現在のワークシートに制限されます。したがって、別のシートで使用する場合は、その前にシート名を付ける必要があります。

2。 2番目の方法を試してみましょう。このためには、範囲を選択して、 数式->定義名 をクリックします 名前を定義

選択したオブジェクトに名前を付けてクリックします OK。ここで、1つのシートだけでなく、ブック全体の名前の範囲を選択できます。

3。 選択から作成は、名前を作成する最もクールな方法です。一般に、ヘッダーに基づいてデータ(行と列)に名前を付ける傾向があります。それが必要なときは、データを選択して 選択から作成。

ダイアログウィンドウが表示されます。データに使用する行/列ヘッダーを選択します。この場合、一番上の行のみを使用する必要があります。





名前の使用方法

簡単です-数式で名前を使用するときはいつでも入力を開始すると、候補リストに選択用の名前が表示されます。

それ以外の場合は 数式->定義名 から必要な名前を選択します フォーミュラで使用 落ちる。





名前を管理する方法

また、いくつかの定義を変更したり、それらを完全に削除したい場合に、名前を編集および削除するオプションも必要です。それはどこです ネームマネージャー 画像になります。

また、値の詳細、セルとシートの参照、名前の範囲も表示されます。

クールなヒント: ワークシートにテーブルを作成すると、自動的に名前が割り当てられます。自動名は、Table1、Table2などになります。ただし、名前は ネームマネージャー 窓。





結論

これらは、Excelユーザーが知っておくべき名前の実装と管理の基本です。名前に慣れたら、簡単に式を作成して使用できます。この習慣を学び、習得するには時間がかかるかもしれませんが、努力することをお勧めします。それだけの価値があります!

画像クレジット: キャロル・キャリー